椎間板ヘルニアの症状としては、以下のようなのようです。 ・激しい腰痛 ・腰から足にかけての痺れや痛み ・感覚障害 ・筋力低下 ・坐骨神経痛(急性期には、マッサージや針治療などは行わない方がいいかもしれません) ・排尿障害および排便障害 ・便秘 ・頻尿(尿漏れや残尿感が起こることもあるかもしれません) ・インポテンツ 椎間板ヘルニアで最もよくみられる症状は激しい腰痛で、せき・くしゃみ(急に冷たい空気を吸ったり、悪臭がした時にも起こることがあります)をするだけでも強烈な痛みを伴うことが多いようです。 また、腰から足にかけて痺れや痛みを感じる事もあり、感覚障害や筋力低下を伴うケースもあります。 それに、脊髄や神経根が圧迫されることによって、坐骨神経痛を引き起こすケースも少なくありません。 症状が重い場合は、上手く排尿ができない排尿障害、上手に排便ができない排便障害を引き起こす可能性もあります。 さらに、便秘や頻尿、インポテンツといった症状が出る可能性もあるといえます。 椎間板ヘルニア(遺伝的な要素も原因の一つとして考えられているそうです)になってしまった場合には立ってるだけで腰に痛みを感じますし、少しの時間イスに座ってるだけでも腰に激痛を感じるようになってしまうのです。 このように、椎間板ヘルニア(遺伝的な要素も原因の一つとして考えられているそうです)は普通の暮らしに支障をきたすことが多いので、早めに治療された方が良いでしょうー